WS000018.JPG


私は上記の方法で退職金をかなり多くもらうことができました。



退職届けの書き方 TOP

退職願いの書き方は一度経験していないと迷いますよね。

退職願いに書く退職理由は、自己都合であれば「一身上の都合」とするのが普通です。

会社に提出する退職願いと、ハローワークに提出する離職票は別物ですので、退職願い上で一身上の都合と書いても問題ないかと思います。

以前いた職場で、やはり「一身上の都合」で退職届を提出しましたが、過度の超過労働があったということで、ハローワークでは自己都合を書き換えてもらうことができました。

退職願いの書き方にはだいたい定型文があります。
わたしが退職願いを出したときも、退職願いの書き方がわからずに参考本を買い調べました。

退職するときは円満退職したいので、
退職願いの書き方で失敗したくないですから。

簡単に言ってしまうと退職願いの書き方には、
特に正しい書き方というものはなく、
退職の意志があることがわかればよく、
退職願いの書き方にこだわることはあまりありません。

退職願いの書き方で注意する点(自己都合の場合)は、
・退職理由は「一身上の都合」にする
・退職願いの宛先は会社の代表にする

という2点程度です。


退職願いは自己都合など、退職の承認をもらうときに出す文書で、
退職願いを出すことにより上司に退職の承認を願い出ます。

退職願いは「願」であり、退職願いを出した後に承認をもらわないと、退職できないと言う解釈をする人もいるようですが、
退職の意志を表明したことには、変わらないため退職願いでも退職届でも同じです。

退職願いの提出時期は退職の2週間前までですが、
雇用契約で2週間前よりも早く伝えることと定義されている場合は、
その期間までに退職願いを提出しましょう。

退職願いの書き方には定型はないため縦書きでも横書きでも構いません。

退職願いの書き方で注意する点は一つです。
退職願いの書き方はなんでもいいと思うのですが、
自己都合で穏便に退職したいのでしたら、
「一身上の都合」を退職理由にしましょう。

退職理由は特に理由がなければ、
「一身上の都合」にしてください。
(解雇などの場合はきちんとその旨を記載します。)

退職願いの書き方は始めてのときは悩むかもしれませんが、
退職の意志が示せればOKです。
退職願いの書き方は定型文でかまいません。




会社退職時に理由書の提出を求められています

ただ会社側作成の用紙があったので、退職理由の欄に転職の為と記載したのみでした。

規程の様式がないのであれば、退職願をそのまま理由書にかえて、「一身上の都合」の部分を「妊娠のため」とすればよいのではないでしょうか?。

5、6社転職しましたが、確か一社だけ(10年程前)理由書を提出させられました。

それ以外理由書を書いた記憶はありませんが、今は離職票に退職者と企業側双方からの離職理由を記載することになっているので、その確認のためにも理由書を提出させるのかもしれませんね。

退職届けの書き方 書式サンプル TOP


退職勧奨では自己都合退職になります

会社都合であっても、その会社が存続している限り退職理由を聞かれますし、受け答えに不審な点があれば、前職調査が行われます。会社都合にならないので、失業給付は3ヶ月待機となります。

退職勧奨では自己都合退職になります。「営業成績が悪いことと自立神経失調症になり仕事がその時点でできなかった事」での「解雇」は一生付いて回りますよ。

次の就職に当たっては、常にそのことが質問になるでしょう。私なら、就職を取ります。

失業給付を取るか、再就職の有利さを取るかによります。解雇の場合は重責であろうと「解雇理由」が重要になります。

退職届けの書き方 書式サンプル TOP

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。