WS000018.JPG


私は上記の方法で退職金をかなり多くもらうことができました。



退職届けの書き方 TOP

退職願いの書き方は一度経験していないと迷いますよね。

退職願いに書く退職理由は、自己都合であれば「一身上の都合」とするのが普通です。

会社に提出する退職願いと、ハローワークに提出する離職票は別物ですので、退職願い上で一身上の都合と書いても問題ないかと思います。

以前いた職場で、やはり「一身上の都合」で退職届を提出しましたが、過度の超過労働があったということで、ハローワークでは自己都合を書き換えてもらうことができました。

退職願いの書き方にはだいたい定型文があります。
わたしが退職願いを出したときも、退職願いの書き方がわからずに参考本を買い調べました。

退職するときは円満退職したいので、
退職願いの書き方で失敗したくないですから。

簡単に言ってしまうと退職願いの書き方には、
特に正しい書き方というものはなく、
退職の意志があることがわかればよく、
退職願いの書き方にこだわることはあまりありません。

退職願いの書き方で注意する点(自己都合の場合)は、
・退職理由は「一身上の都合」にする
・退職願いの宛先は会社の代表にする

という2点程度です。


退職願いは自己都合など、退職の承認をもらうときに出す文書で、
退職願いを出すことにより上司に退職の承認を願い出ます。

退職願いは「願」であり、退職願いを出した後に承認をもらわないと、退職できないと言う解釈をする人もいるようですが、
退職の意志を表明したことには、変わらないため退職願いでも退職届でも同じです。

退職願いの提出時期は退職の2週間前までですが、
雇用契約で2週間前よりも早く伝えることと定義されている場合は、
その期間までに退職願いを提出しましょう。

退職願いの書き方には定型はないため縦書きでも横書きでも構いません。

退職願いの書き方で注意する点は一つです。
退職願いの書き方はなんでもいいと思うのですが、
自己都合で穏便に退職したいのでしたら、
「一身上の都合」を退職理由にしましょう。

退職理由は特に理由がなければ、
「一身上の都合」にしてください。
(解雇などの場合はきちんとその旨を記載します。)

退職願いの書き方は始めてのときは悩むかもしれませんが、
退職の意志が示せればOKです。
退職願いの書き方は定型文でかまいません。




×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。