WS000018.JPG


私は上記の方法で退職金をかなり多くもらうことができました。



健康保険について

たとえば返還せず、使用しょうとしてもできませんので、会社の総務とか人事などの担当部門へ返還してください。勤務先の健康保険がなく、個人で国民健康保険に加入している場合は、そのままで結構です。もうひとつの選択があります。退職と同時に、あなたの健康保険が政府管掌健康保険か組合健康保険、共済などの場合は、その健康保険証を返還しなければなりません。あなたの家族の誰かが、保険の加入者になっている場合、収入がなくなるなどの一定の条件のもとで可能になります。

多くの場合、保険料は、労使折半で半額を会社が負担しています。退職届に関連する諸手続きのうち、健康保険について検討してみましょう。任意継続の場合はその分もあなたの負担になります。退職届を提出する際、次の仕事が決まっている場合は、そこの会社と相談してください。国民健康保険でも、特定のものの場合返還して、自治体等の国民健康保険に加入しなおさなければならない場合もありますので注意してください。

会社で加入できない場合は、国民健康保険に加入するか、これまでの会社の健康保険の任意継続保険を選択するかということになります。あなたの家族の被扶養者になる場合です。速やかな手続きが必要になります。この場合は、保険料を負担する必要がなくなります。どちらが良いかはケースによります。

いずれにしても、健康保険制度は、国民皆保険制度といって、いずれかの健康保険に加入しなければならないことになっています。自治体の国民健康保険料と比較して選択することになります。空白期間等が生じると大変なことになることもあります。健康保険は、退職届の提出に際して大きな心配ごとのひとつです。

退職届けの書き方 書式サンプル TOP


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。