WS000018.JPG


私は上記の方法で退職金をかなり多くもらうことができました。



最終的な意思表示

会社を退職する場合は、最終的な意思を伝える退職届ではなく、退職の”申し出”として、退職願を提出するのが一般的ですし、会社側の受け取り方も違ってきます。退職届とは、会社を辞めるという”最終的な意思表示”を、会社側に明確に伝える文書です。)。

勤務条件や給料が、入社時の説明と大幅に違っていたときなど、明確な理由がない限り、退職願を提出するのがよいでしょう。(なお、会社によっては退職届と退職願の区別を、していないところもあります。その方がスムーズに退職できる場合が多く、退職した後でも本人と会社の間も、よい関係が続くものです。

繰り返しますが退職届は、退職の”最終的な意思表示”として扱われますので、一度提出すると取り下げることができませんので、注意しなければいけません。一般的な就業規則では、短かくて1カ月前、長くて3カ月前までに退職届の提出を求めている会社が多くなっています。このため、いったん退職届を提出すると、取り下げることはできず、会社に受理された時点で退職が決定します。

法律上、退職届は最低2週間前に、会社側に提出するよう定められていますが、会社の就業規則で、提出の期限が決められている場合は、事前に確認しておく必要があります。一般的に会社を退職する場合は、まず直属の上司にいろいろ相談して、自分の意思や会社の業務の都合を見ながら、退職の有無や退職の時期を決めます。退職願の場合は、あくまで、退職したいという”申し出”の意味になりますが、退職届の場合は、明確に退職することを前提にした”届出”の意味になります。

退職届けの書き方 書式サンプル TOP


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。