WS000018.JPG


私は上記の方法で退職金をかなり多くもらうことができました。



離職表と履歴書退職理由

解雇の場合は重責であろうと「解雇理由」が重要になります。私なら、就職を取ります。

会社都合であっても、その会社が存続している限り退職理由を聞かれますし、受け答えに不審な点があれば、前職調査が行われます。次の就職に当たっては、常にそのことが質問になるでしょう。

会社都合にならないので、失業給付は3ヶ月待機となります。失業給付を取るか、再就職の有利さを取るかによります。

「営業成績が悪いことと自立神経失調症になり仕事がその時点でできなかった事」での「解雇」は一生付いて回りますよ。退職勧奨では自己都合退職になります。

退職届けの書き方 書式サンプル TOP


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。