WS000018.JPG


私は上記の方法で退職金をかなり多くもらうことができました。



退職理由を正直に書くべきか?

職務経歴書には退職理由は書かないことが一般的だと思います。履歴書に「一身上の都合により」「会社都合により」など記入するのは当然ですし、職務経歴書は履歴書とセットで扱われ、面接では両方をみて面接官が質問と確認をするはずですので、この程度の記載で良いと思います。

それでも、ご自分の応募への意欲と前向きさを上手に企業担当者へ伝えるのであれば、自己PR書を作ってこの中で前向きな気持ちと共に転職に至る経緯説明の部分として退職理由に少しだけ触れるのが効果的です。これ以上これらの書類に記載すると、書類選考の段階から余計なイメージを持たれたりして、面接での人物評価とのバランスに影響することが考えられます。

書類と面接の両方に悪い影響が出ないようにするためには、書きすぎないこと・話しすぎないことの両方が大切であると思うのですが・・・・・いかがでしょうか?。

JIS規格などで様式が決まっているわけではないので書いても差し支えはないのですが、特に変わったことをして益のある部分でもないと思います。

退職届けの書き方 書式サンプル TOP


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。