WS000018.JPG


私は上記の方法で退職金をかなり多くもらうことができました。



「一身上の都合」でOKです

就業規則に従って提出すれば、それでOKです。上司がどうしても受理しない場合は、その上の上司に理由を説明して提出しましよう。

上司から「具体的に云々」との事ですが、これは「あくまで上司が知りたい」からでしよう。部下の転籍・退社人数は「上司の評価」に影響があります。

「一身上の都合」で退職届を提出し、上司から「具体的に」と却下された場合「口頭で説明」する事で可能です。

退職事由・理由は「一身上の都合」でOKです。

具体的に理由を書く必要はないと思います。個人的な感情が入ってますが、具体的な理由を会社に残さない方が互いに未練もなくて良いと思います。

私事ですが、辞表を提出した後、上司から「次はどうする…?」と聞かれました。「なぜ、答える必要あるのですか?」と逆に言い返し、余計なことは一切答えませんでした。

退職経験あり、マニュアル通り、「一身上の都合で・・・」と辞表を提出しました。

辞表は会社に文面が残ります。

退職届けの書き方 書式サンプル TOP


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。